グレンアラヒー10年 Batchシリーズ バッチ1・バッチ2・バッチ3 の魅力

「グレンアラヒー10年 カスクストレングス(バッチ4)」が、「World Whiskies Awords 2021」のシングルモルト部門の最高賞を受賞しました。

これは、イギリスのウイスキー専門誌「ウイスキーマガジン」(発行元:パラグラフパブリッシング社)が主催する国際的なウイスキー品評会です。

過去には「竹鶴21年」や「響21年」も受賞していますね。

受賞した「バッチ4」は、残念ながら日本には未入荷(2021年4月現在)のため、ご紹介するのは「バッチ1」「バッチ2」「バッチ3」の3種類。

スコットランドでは「バッチ5」まで登場しています。早く入荷して欲しいですね。

さて、「バッチ」とは出荷ごとの単位を指しますが、同じ「グレンアラヒー10年」でも「バッチ」ごとに風味が異なります。

このシリーズの魅力的なところですね。

この3本を比較することで、バッチの違いや魅力に迫りたいと思います。

関連記事

「バッチ」ナンバーが、ウイスキーのラベルや箱に記載されるているのを見かけますね。 同じ「グレンアラヒー10年」でも、「左がバッチ1」、「右がバッチ2」です。 同じウイスキーなのに、なぜ「バッチ」の違いがあるのか? バッチ[…]

ウイスキー バッチとは

Batch 1

2021年4月/個人撮影

【基本情報】

  • アルコール/57.1%
  • Non-chill Filtered(非冷却ろ過)
  • 熟成樽/「アメリカンオーク」「ペドロ・ヒメネス」「オロロソ」「ヴァージンオーク」の4種類

【テイスティング】

  • 香 り/最初にスパイシー、その後に柑橘系の淡く甘い香り。最後にクッキーやチョコレートの香りが漂う。
  • 味わい/蜂蜜のような甘味のあとに、スパイシーな刺激を感じる。
  • ボディ/リッチで少しオイリー。
  • 余 韻/甘い風味からバニラ風味へ。余韻は長い。

【感想】

「ペドロ・ヒメネス」「オロロソ」による濃厚な甘味を、「アメリカンオーク」のバニラ風味が程よく押さえている。そして「ヴァージンオーク(新樽)」からのスパイシー(刺激)なアクセントが嬉しい。
これはフレンチオーク由来の刺激ではないかと推測。
甘味とスパイスのバランスに長けていると感じた。

Batch 2

2021年4月/個人撮影

【基本情報】

  • アルコール/54.8%
  • Non-chill Filtered(非冷却ろ過)
  • 熟成樽/「1stフィルバーボン」「ペドロ・ヒメネス」「オロロソ」「ヴァージンオーク」の4種類

【テイスティング】

  • 香 り/蜂蜜やドライフルーツのような濃厚でダイレクトな甘い香り。
  • 味わい/濃厚な香りのわりに、甘味は「バッチ1」より控えめでバニラ要素を感じる。
  • ボディ/リッチでライト。
  • 余 韻/ほのかに胡椒のようなスパイシー。それほど長くない。

【感想】

濃厚な甘い香りのわりに抑えの効いた味わいは、「バッチ1」に比較して「1stフィルバーボン」由来のバニラの要素が要因と感じる。
やはり、ここでも「ヴァージオーク(新樽)」からスパイスの効き方が絶妙。
香りと味わいのギャップが楽しい。

Batch 3

2021年4月/個人撮影

【基本情報】

  • アルコール/58.2%
  • Non-chill Filtered(非冷却ろ過)
  • 熟成樽/「1st&2ndフィルバーボン」「ペドロ・ヒメネス」「オロロソ」「ヴァージンオーク」の4種類

【テイスティング】

  • 香 り/オレンジピールのような柑橘系の香りから、クッキーやマツヤニのような濃厚な香りへ。
  • 味わい/Alc度数の刺激とともに、舌に絡むような粘性のチョコレートの甘味。
  • ボディ/濃厚でオイリー。
  • 余韻 /Alcの刺激ともに柑橘系の残り香を感じる。余韻は長い。

【感想】

見た目からも、「バッチ1」「バッチ2」よりも明らかに濃い。
「2ndフィルバーボン」によりバニラ要素が減少し、「ペドロ・ヒメネス」「オロロソ」の要素から強く甘味が増している。
Alc度数が一番高い「バッチ3」は、Alcの刺激と粘性の濃い甘味とのバランスがポイントかもしれない。
ここは好みが分かれそうだが、とにかく濃厚でリッチで高級感を感じる。

まとめ

日本未入荷の「バッチ4」「バッチ5」を含めて、このシリーズの共通項は「10年」「カスクストレングス」「ノンチルフィルタード」そして「複数の樽による構成」です。

「複数の樽による構成」と言っても、全てに共通するのは「ペドロ・ヒメネス」「オロロソ」「ヴァージンオーク」の3つです。

この3つの要素を中心に、構成原酒の加減によりバッチごとの魅力が現れています。

そして、個人的には、後熟(フィニッシュ)の「ヴァージンオーク」が鍵を握っていると感じています。

同じヴァージンオークでも、「スパニッシュ」や「フレンチ」などのオークが異なれば樽由来の味わいも変化します。

新樽由来の強い木の成分の影響もあるでしょう。

勝手な感想ですが、ビリ・ウォーカー氏による「ヴァージンオーク」を使った絶妙な「さじ加減」が、このような素晴らしいウイスキーを作り出していると感じた次第です。

さて、よく店頭で見かけた「バッチ1」「バッチ2」も、ここ最近は見ることも無くなりました。

「バッチ3」に至っては店頭で見ることも無く、WEBでは即完売でした。

世界的なアワードの受賞、品質も優れている、日本への入荷数も少ない、となれば注目が集まるのも当然ですね。

機会があれば、ぜひ味わっていただき「グレンアラヒー10年 カスクストレングス」でした。

以上です。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。

___________

・未成年の飲酒は法律で禁止されています。※お酒は20歳を過ぎてから

・飲酒運転は法律で禁止されています。

・妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

グレンアラヒー10年 バッチ1 バッチ2 バッチ3 テイスティング
最新情報をチェックしよう!