ウイスキー【バッチ】とは?

「バッチ」ナンバーが、ウイスキーのラベルや箱に記載されるているのを見かけますね。

同じ「グレンアラヒー10年」でも、「左がバッチ1」、「右がバッチ2」です。

同じウイスキーなのに、なぜ「バッチ」の違いがあるのか?

バッチとは、「Batch」と表記します。

「一束」「一群」「ひとまとまり」「1回分」などを意味します。

ウイスキーの出荷にも、第1弾(第1出荷)、第2弾(第2出荷)と、製造工程において出荷のタイミングが異なります。

そこで、出荷ごとに「バッチ」の表記をしているわけですね。

ただし、ウイスキーは熟成させる木の樽個々に特徴があります。

必ずしも、同じ10年間の熟成でも、同じウイスキーが出来上がるものではありません。

2021年3月/個人撮影

このように、同じ「グレンアラヒー10年」でも、アルコール度数が「左:バッチ1/57.1%」、「右:バッチ2/54.8%」と違いますね。

写真では分かりにくいですが、それぞれラベルの位置も若干異なっています。

ウイスキーファンのなかには、好みのバッチナンバーでウイスキーを選別される方もいますね。

例えば「アベラワー・アブーナ」や「スプリングバンク」では、「バッチ」や「ボトリング年度」をチェックするファンが多いと聞きます。

バッチやボトリング時期で風味に違いが出ることから、見た目は同じでも「好み」が分かれるわけですね。

ワインの「ヴィンテージイヤー」(収穫したブドウの当たり年)に近いですね。

好みのウイスキーが見つかれば、「バッチ」や「ボトリング時期」から、さらに「好み」を追求するのもいかがでしょうか。

__________

・未成年の飲酒は法律で禁止されています。※お酒は20歳を過ぎてから

・飲酒運転は法律で禁止されています。

・妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

ウイスキー バッチとは
最新情報をチェックしよう!